オキシトシンラブ 使い方

オキシトシンラブの使い方

オキシトシンラブの使い方は舌下スプレーによる成分吸収で、簡単ですがいくつか注意点があります。

オキシトシンラブの使い方

舌下(ぜっか)に2回スプレーします。舌下とは口の中の舌の裏側と、その下の部分で静脈がながれています。そこにミスト状態のオキシトシンを噴射することで、血中にオキシトシンを渡します。

ただし、知らないと大損してしまう注意点があります

オキシトシンラブの使い方を説明するナース

 

「開封済みのオキシトシンラブ」の保存は「冷蔵庫」ですので、そのまま常温保存して効果が消えないように注意しましょう。

オキシトシンラブは見ての通り「手のひらサイズ」でコンパクトですので、冷蔵庫に置いてもじゃまにならないサイズです。

 

オキシトシンラブの実体験口コミ

 

 

オキシトシンラブの舌下スプレー方法

オキシトシンラブは舌下にスプレーして使うのですが、舌下吸収は、スプレー後すぐに飲み込まないことが正しい使い方です。

オキシトシン 舌下 スプレー 使い方

・即効性がある

・水が無い時も摂取できる

・経口摂取では効果が薄い成分の吸収に適している



1 静脈注射:100%

2 舌下(ミスト):95%

3 筋肉注射:90%

4 舌下(液体):50%

5 皮膚からの経皮:45%

6 ソフトジェル:30%

7 カプセル:20%

8 タブレット:10%


舌下吸収は、静脈注射に次ぐ吸収率と報告され、ミスト(霧状のスプレー)が方式として適しています。その他錠剤タイプ(舌下錠)のニトログリセリンや、ミストスプレータイプのメラトニンなど「舌下吸収タイプ」が存在します。

舌下からの吸収は、胃腸や肝臓を通過しない形で可能ですので、重要成分が途中で分解されず効果をあらわすというメリットがあります。

参考:アメリカのPFD(Physicians’ Desk Reference, NPPDR No.18:676, 1997)発表の「液体」と「固形」の吸収率データ

参考:基礎看護学(21)(診療に伴う技術) [基礎看護学]

 

オキシトシンラブを使うタイミングとしては、歯磨きした後か食前1時間前など「口の中が空っぽで清潔な時」が適しています。

さらに舌下吸収は30分は飲食禁止にすることで、吸収効率が高まります。

 

舌下吸収は吸収率が高い摂取方法です。そのため間違って「他のもの」を舌下に使わないように注意しましょう。

 

【オキシトシンラブ激安購入方法】