オキシトシンラブ 効果

オキシトシンラブの効果体験談

オキシトシンの効果をテレビ番組で知りました。ネットで調べるとオキシトシンが医療現場でも使われている成分であることを知りました。

オキシトシン

さらに調べると、「幸せホルモン」「愛情ホルモン」という別名でも呼ばれていることがわかりました。

 

私が購入したのは、「オキシトシンラブ」というものでオキシトシンを直接舌下吸収するスプレータイプのものです。

オキシトシンラブ

これは、Amazonや楽天などの通販では販売されてないもので、市販のドラッグストアや薬局でも購入できませんでした。

オキシトシンラブは個人輸入でのみ購入できます。

 

> オキシトシンラブの激安購入方法

 

 

オキシトシンの効果一覧

緊張緩和

ストレス緩和

家族、仕事、友人人間系の改善

オキシトシンラブ 通販
>>オキシトシンラブの詳細はこちら

 

 

オキシトシンラブを購入した理由

自己紹介します。わたしは、30歳男性で自営業者をやっています。「IT系(プログラミング)」の仕事を自分で請け負って生活しています。いわゆるフリーランスです。仕事を聞かれて説明すると「なんかすごい!珍しいですね」と言われます。

でも実際のところは、とにかくストレスの多い仕事でして独立後も「緊張状態の多い環境」が続いて来ました。軽い不眠になることもたまりあり、テレビで偶然知った「オキシトシン」のホルモン作用とストレス緩和に強い魅力を感じました。

そして、実際にオキシトシンを摂取してみたくなりました。

オキシトシン

それから、藁にもすがる思いで調べて見つけた「オキシトシンラブ」を実際に使用しながら、思っていたものとは全然違う効果を実感し、さらにオキシトシンに興味が止まらなくなり研究するように調べるようになりました。

最初に選んだ商品がオキシトシンラブだったのが幸運でした。似たような商品も見つけたのですが、本当にオキシトシンが入っているこれでなければ満足できなかったでしょう。

 

オキシトシンは凄い

オキシトシンは凄いホルモンで、日常生活の改善で「自分で分泌」することもできますが、体外から摂取することでも下記の作用が報告されています。

オキシトシン

オキシトシンは良好な対人関係が築かれているときに分泌され、闘争欲や遁走欲、恐怖心を減少させる。オキシトシンをヒトに投与する実験が行われたが、鼻からの吸引によるこの実験では金銭取引において相手への信頼が増すことが判明。盲目的に信頼したといえ、損害を蒙ってもオキシトシンが再投与されれば再び相手を信頼し、不利な取引契約を締結してしまう[2]。

2010年4月24日、金沢大学「子どものこころ発達研究センター」が知的障害のある自閉症患者にオキシトシンを投与したところ自閉症患者の症状が改善したと発表。主治医の棟居俊夫特任准教授は「知的障害のある患者で効果が確認された例は初めて」とコメントした。またアスペルガー症候群でも効果が確認されたとの報告もある。これを知った同センターに通院する20代の男性が2008年にオキシトシンの点鼻薬を輸入・服用(数か月間)したところ、主治医の目を見て話す、対話中に笑顔を見せる、IQテストが受けられるようになるなどの症状の改善が見られ、その後10か月間の投与でも改善の持続が確認された。男性は3歳で自閉症の診断を受け、以前は他者と目を合わせることができず、オウム返しの反応しかできなかった[3]。

引用:Wikipedia「オキシトシン」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%B3

要約)闘争欲(とうそうよく)、遁走欲(とんそうよく)の「相反する欲求」の両方が減少し、相手を信頼する気持ちが強くなる。許容力が高まる。オキシトシンを数ヶ月服用した結果、アスペルガー症候群男性に症状の改善が見られた。
闘争欲(とうそうよく)とは・・・戦うことで生存しようとする欲求。
遁走欲(とんそうよく)とは・・・不安や危機を感じた場合に逃げ出したいという欲求。

オキシトシンラブ 通販
>>オキシトシンラブの詳細はこちら

 

想像とまったく違った

確かにオキシトシンを使っての感想は、いきなり興奮したり、やる気が起きたりなどのカフェインのような作用とは真逆の「冷静になる」という感覚です。

脳ストレスが消える、ストレスを緩和するという方向で使うほどに物事に動じなくなり、目先の出来事で一喜一憂しなくなりました。

オキシトシンラブ

黙っていてもなにも変化を感じないのですが、作業したり行動したりなにか外部から刺激がある時に変化を感じました。

例えば映画を見ると余計に感動を覚えたりする感覚です。余計に感動する。余計に嬉しく感じたり面白く感じたり、逆に悲しく感じたり。

プラスの方向に気持ちが働く感覚も覚えました。

 

これはやはり媚薬?

オキシトシンラブの場合、主に媚薬として利用されているようでその理由も自分で使うことでわかりました。

感受性が高まるというのは、直接的な刺激が増えるよりもより強烈です。

オキシトシン

例えば、物理刺激と精神的な刺激がありますが物理刺激の感度を上げる媚薬は多いのですが、精神の振幅幅を広げるものは存在するか知りません。

これが正にそれだと感じました。そして、媚薬としては男性も十分におすすめなのですが、おそらく女性の方がより強く効果を感じるのではないかと思いました。

 

オキシトシンラブを使い続けて

仕事での変化ですが、「余計なこと」を全然考えなくなってきてきました。こうなると眼の前のタスクにだけ気持ちが向かうので、簡単に計画だけ前日に作っておけばあとはそのタスクを1つ1つ「各個撃破」で処理するだけです。

ざわついた状況の中でも、余計な感情の起伏なく冷静に仕事をこなせるようになりました。落ち着きながら冷静に対応できる感覚は深い集中を体験した人ならわかると思います。

1人で仕事しているときは大体こんな感じで、逆に外部から刺激を受けたときは感受性が高い状態になり精神状態が場面場面で理想的になりました。自分の中の良い反応が、内側から自然とでてくる。

例えるなら、「なにか良いことがあった後」のような心境です。

 

長期目線で考えるようになった

仕事やプライベートでも「目先の結果」はどうでもよくなってきました。半年、1年先には「どう転んでも今より良くなる」という平常心でいられる精神状態です。

結果として積極的に行動していたという日が、日毎に増えていきました。

 

正直、依存気味じゃないか?とあせる

なにかある都度、オキシトシンラブを使うようになって「依存してるかも」と正直依存気味になった自分に気が付きました。

ただ、やめたからと言って禁断症状や反動があるわけではなかったし、副作用や依存性の心配がないので手軽だと感じました。

すぐに変化や効果を感じたのではなく、使い続けて数日してから効果を感じました。少し使わない日が続いたら、一週間くらいして元の感じに戻っちゃった感じです。

 

オキシトシンラブと自然分泌の違い

オキシトシン自体は、人と会話したりマッサージを受けたり恋人とデートしたりすることでも、体内から自然分泌されると言われています。

オキシトシンは成分名ですので、「血中濃度が上がる」ことで実際に測定できます。

オキシトシンラブを使い続けると、効果を実感することが日を追うごとに増えてきたのは血中濃度も高まっているのかも知れません。

 

オキシトシンでモテたか?

特に反応がよくなったなどまでの効果はまだ使いだして1ヶ月程度でわかりません。

ただ、心に余裕ができたので、行動力が増えて仕事も集中できるようになったので結果的に魅力的に見える人に成長することはアリ得ると感じています。

彼女はいるのですが、特に変化はありませんでした。私しか摂取してないからかも知れません。ただ、彼女に「最近すごく元気になったねw」と言われました。確かにいろんな意味で元気になっていると自分でも感じています。

 

オキシトシンラブはどんな人におすすめ?

意外なことなのですが、「仕事、勉強に集中したい人」におすすめだと感じました。

また媚薬としては「女性の方がより感度が高まるのではないか?」と感じました。もちろん男性にもプラスに作用するのは自分が実感しましたのでおすすめできます。

オキシトシンラブ

オキシトシンラブを実際に数日は使ってみないとわからない効果を体験しました。言葉でうまく伝えるのが難しい不思議な感覚です。

正直面白いので、興味がある方は人生で1回だけでも試してみてはいかがでしょうか?

オキシトシンラブの口コミレビュー